カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2005年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

●来週のブロードウェイの予習をかねて、映画オペラ座の怪人鑑賞。


 映画とは言っても、ミュージカル調。みなさんセリフの途中で歌いはじめます。あれだけ有名なだけあって、やっぱり曲もいいわけで、壮麗なオペラ座の映像とともに、これは映画館で見るべきですねー。
 内容としては、もっとファントムに共感をもてる風に作られてたらもっと良かったのに、と思われます。ファントムのもつ悲しみ、孤独をもうちょっと描いてほしかったわけで。怒り・怨み・自分の醜さのコンプレックスの度合いがちょっと単純だったきらいがありましてね。そのためクリスティーンへの純愛も私の中では「偏愛」から抜け出せてなかった。。映画だったらその辺の内面部分をもっと繊細に描けるのでは、と思いましたがいかがでしょうね。
 ただし、カリスマ作曲家のアンドリュー・ロイド・ウェバーさん曰く、ファントムの気持ちというのは歌に全て表現した、とおっしゃっており、歌がよいのでよしとします。
[PR]
by hikuny | 2005-01-31 23:47 | 映画
●かつてサンプラスが「最も才能のあるプレーヤー」と敬意を表していた天才ダッチマン、リカルト・クライチェクという人がいました。【96年ウィンブルドン準々決勝でサンプラス撃破。この年を除く8年間のウィンブルドン王者はサンプラスだったわけだから、この撃破はすごいことなんです】
 このお方、いまや引退してシニアツアーなんかに出てしまってますが、16歳の妹(←歳、離れすぎです)、その名もリカルテ・クライチェクがオーストラリアンオープンで2回戦まで進出していた模様。
 このほど彼女の13歳の頃の映像(3年前?:たぶんQuickTime必要)を見つけたので、興味ある方はちょっと見てみて。お兄ちゃんの端正なテニスからは想像のつかない荒々しさ。打点が頭よりも高いですよ。。

 ついでに同サイトに、私のきらいなシャラポワもいました。(14歳のころ

●そういえばサッカーも行きました。日本対カザフね。詳しくはたぶんこちらの日記でレポートしてくれることでしょう。ゴール裏2階でしたが、こっち側に攻めるときに3点とってほしかったわー。(あっち側全然見えない)
a0005551_1205591.jpg

@横浜国際
[PR]
by hikuny | 2005-01-30 01:17 | スポーツ
●今日は高校の同級生のバンドのライブだったが残念ながら行けず(次回ライブ&飲みやるときは行きたいっす>てつりんよろひく)、宇都宮の工場時代の同期アツムを泊めました。希望すれば5年間のベトナム赴任が可能らしいのですが、一身上の都合により拒否するそうな。まー、帰国するときには32になるわけで、まあ考えちゃうよなー。
 彼は友人の結婚式の友人代表あいさつをすべく、早朝に静岡へと旅立って行ったが(よく起きれたな、ホント)、、、、、アっちゃん、忘れ物っす(↓)。。。

a0005551_141356.jpg

[PR]
by hikuny | 2005-01-29 14:01 | 日常
●今日は天気がよさげなので、元気のないココナッツのココちゃんをベランダの陽のあたるところへ出して出勤してみました。
 帰宅してみると、

a0005551_2140212.jpg



 げっそりしてるーーーーー!!!!

 少なくとも1/15より悪化しちょる。
 ヨメさまが帰国するまで生きながらえさせるつもりだが、どうしたものか。
 そもそもココナッツが日本の冬を普通に越せるものなのか。しかも幼年期に。その謎を知っている人、もしくは調べてくれる人がいたら、いいな。
[PR]
by hikuny | 2005-01-27 21:43 | 日常
●下丸子というところにはお店らしいお店がござりませぬ。
ぐるなび見ても2,3件。2ページ目なんてマクドナルド下丸子店だもんなーー。蒲田経由で帰る人なんてほとんどいないから、マイナス方向に行ってまで飲みたくないときは下丸子を利用することになりまして。下丸子で飲むとなると、みんな「不本意ながら」という顔でお店に入る。そんなゆがんだ感情の客ばかりを迎えているせいか、相変わらず店並みにも元気がない。
 「サラリーマンはいいお店知ってないとー」と確かこの前、義母が丸の内オアゾで働く義弟に対して言ってた言葉が脳をかすめながら、8時前に店をあとにするのであった。
[PR]
by hikuny | 2005-01-27 21:35 | 日常

1/24(月) モーヴァン

●「モーヴァン」鑑賞。

「死ぬまでにしたい10のこと」同様、現実世界から脱しちゃって、ひたすら自分の衝動に身を任せる主人公に好感がもてるが、生き別れる彼氏への愛情があんまりないざますねぇ、と私個人的にはちょっとすねてしまう。
 とゆー私のしょげた感情は、この映画の趣旨とは反するのでどうでもよいとして、この映画は私好みの美音楽・美映像映画です。一人孤独にオレンジの光につつまれつつ煙草をふかすモーヴァン、彼氏の死体を切り刻むモーヴァン。ここにヴェルヴェッツやエイフェックス・ツインが挿入される、といった具合で、気持ちよーく観させてくれます。ひかりのまちとともにお気に入りなイギリス映画だー。
[PR]
by hikuny | 2005-01-25 00:41 | 映画
●また同期とあざみ野のゴルフ練習場行ってきました。
今日は打ちっぱなしだけじゃなくて、ショートコース回りました。
9ホール、すべてPAR3。9番アイアン以下を抱えてスタート。
「はたしてボールはまっすぐ飛んでくれるのか?」が今日のテーマ。
今朝オリンピックで10コで600円のロストボールを買って臨みました。
a0005551_23371889.jpg

結果としては、何がよかったのか知らないけど、
ボール、真っすぐ飛びましたよ。
ショートコースながら、人生初のワンオン。
どんなスポーツにも、Gスポットとゆーか、「快感」を与えてくれる瞬間があると思うが、
ゴルフはきっとこのワンオンとゆーか、イメージ通りの第一打を打てたときだな。
(テニスではスイートスポットのど真ん中の会心の一撃でエースをとったとき)

ただ、その後のパッティングによってどんどんとスコアを失う現実に直面するわけだが。
「ゴルフなんて、、、」とこれまでは思っていたが、もっとうまくなってコースに出たい、とささやかな志を抱いてしまった日曜日だった。

それにしても、雪がちらついてものすごい寒かった。。
天気が良かったら、すごい気持ちよかったろうに。
[PR]
by hikuny | 2005-01-23 23:49 | スポーツ

1/19(水) 鈴木貴男

●日本のエース鈴木貴男、全豪で王者フェデラーに敗れし。日本男子がグランドスラムでNo.1と戦うのはウィンブルドンでサンプラスとやった松岡以来だよね。あの時はファーストセット取っちゃったな、そういえば。
 鈴木の試合の模様は見てないけど、健闘したみたいっすね。大会HPでは、「スズキはおそらくこの試合が彼のベストマッチとなるのではないか。王者フェデラーをとにかくベストを尽くさないと難しい状況に陥れたのだから」という論調で鈴木をたたえてます。

彼の日記はサラっとしてましたが。
http://www.suzukitakao.jp/top.html

彼はセンス抜群のアスリートテニサーなのだが、ちょっと理想が高くテニスがきれいすぎて勝ちを拾えない印象があったが、これはひょっとして魂を燃やす男な試合だったのではないか??彼の今後のブレイクに期待です。
[PR]
by hikuny | 2005-01-19 23:45 | スポーツ
アトミック・カフェ。

マイケル・ムーアがボーリング・フォー~などを制作するにあたって、この映画にインスピレーションを得たらしいっす。戦中戦後のアメリカのあまたのプロパガンダ映像をつなぎ合わせたもの。ナレーションもなんにもないが、あまりにもわかりやすい内容となっております。
 トルーマン大統領は「原爆は神がアメリカに恵みたもうたもの」的な発言してるし、原爆投下兵は楽しそうだし、ソビエトの赤のミサイルがとんでくるぞー、みたいなアニメはレトロすぎて(当然か)思わず笑っちゃう。
 日本人がサル扱いされてむかつくが、歴史の授業中ひまだから資料集をぼけーっと眺めてたときの感覚で見れた。1時間も見てないけど。(←つまりまだ見終わってない。飽きてくるからさ。。)
 水爆実験のために立ち退きを余儀なくされたビキニ環礁の人達は「狩猟民族だから、どちらにしろ移動するようだった」という主旨の報道映像があったが、すごいよな。。
 この映画はマイケル・ムーアよりも現職のB大統領を勇気づける映画となってます。「あ、オレだけじゃないじゃん」っていうふうに。
[PR]
by hikuny | 2005-01-18 22:58 | 映画
東急剣山スポーツガーデンで同期8人でゴルフのうちっぱをやりました。ゴルフは、はっきり言って素人。球がかなりスライスするやっかいな症状は、ボウリングと共通してる。この練習場、田園都市線のあざみ野にあんだけど、フットサルもテニスもあって、すごい広い。しかも清潔感あっていいよ。車がないときついがね。
 球はやっぱりまっすぐ飛ばなかったが、いずれ僕にも奥義纒がい狙振弾(てんがいそしんだん)が打てると信じてます。

纒がい狙振弾(てんがいそしんだん)・・・・
「棍法術最強の流派として名高いチャク家流に伝わる最大奥義。
この技の創始者 宋家二代 呉 竜府(ご りゅうふ)は正確無比の打球で敵をことごとく倒したという。
この現代でいうゴルフスイングにも酷似した打撃法は 運動力学的観点からいっても弾の飛距離・威力・正確さを得るために最も効果的であることが証明されている。
ちなみにゴルフは英国発祥というのが定説であったが 最近では前出の創始者 呉 竜府の名前でもわかるとおり、中国がその起源であるという説が支配的である。」

民明書房刊
『スポーツ起源異聞』より

たしか、月光と闘ったキャラだったと記憶する。。
[PR]
by hikuny | 2005-01-16 23:28 | スポーツ