カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2005年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

6/27(月) 退去

●たくさん車が停まっている駐車場に買い物から戻ると、
数ある車の中から僕の車だけに鳥フンが。

そういう場面が一度ならずとありまして、
その度に「なんでそういう貧乏くじをひくんだか。。」
と奥さんに冷たい視線を浴びたものです。
しかたない。そういう星の下に停めてしまったのだから。

もう車は手放したので、
そういう「ちょっとした災難」からは自由の身でいました。


今日、人事から突然電話があり、
今住んでいる鶴見の社宅扱いの住居からの退去のお願いが。

規程では、2007年3月まで住めるのだが。

別居がばれたか?とヒヤっとしたが。
(別居が社宅退去の理由になるような理不尽なものではないのだが、
そのときは一瞬頭によぎった)

「いやー、こんなことははっきり言って前例がありませんで、、」
と担当者は切り出し、
「いや実はね、家主が自己破産してしまったんですよ。」
「8月にももうhikunyさんの部屋は競売にかけられそうです。」
「いえいえ、マンションごとじゃないですよ。あなたの部屋だけです
自己破産した人の不動産物件がたまたまあなたの5××号室なんです。」
「買い手がつくかもわからないし、条件も変わってくるから、、、
ここは一つ、引越しを検討してもらえないでしょうか。というか、引っ越してください。」

・・・・・・・・・・・

バッド・ラック、くにーーー。ベリー・バーーーーッド!!!

こういうときの担当者って残酷なくらい淡々と「業務」をこなす。
「つきましては、今週中に新物件の希望条件をお知らせいただけますか」
⇒とりあえず、今のところがいいっす、とムダ口をたたいておいた。
「引越し代などは会社負担とする方向で検討してますので。。」
⇒当たり前だ。人の破産のせいでオレまで破産してたまるか。

、、、まあ、というわけで8月には皆さんに引越しのお知らせをすることになりそうです。
引越しに長けたyngd氏に教えを請うておくか。。
[PR]
by hikuny | 2005-06-28 07:09 | 日常
●SOMANが会社の人達で結成してるフットサルに雇われGKとして参加。

一応、会場が提携するなんとかという団体の「チャンピオンシップ」らしく、
優勝チームは新潟で行われるこれまた「なんとかチャンピオンシップ」に
無料宿泊券込みで参加できるらしく、非常に重要な試合だったようです。

予選を4試合戦い、
× 0-2
× 0-2
○ 2-0
○ 2-0

の勝ち点6で決勝トーナメントへ。
あと2試合勝てば新潟だ!

という状況でしたが、
2-5でアーセナルのユニフォームのチームに敗退。

一日に9失点するのは非常にやるせなし。
しかもミドルシュートで4点くらい取られてはしょぼくれる。

でもいい運動。
体重も(ランニングさぼり気味だが)大学時代に戻った。

現体重=X - Y + Z
で求められます。
X=大学時代の体重
Y=大学時代には確かに体内にあったはずが、社会で失った筋肉
Z=社会で主にビールなどにより獲得した余計なモノ

今日のような運動によりZをいくらかでも削減し、
Yをいかばかりか奪還することにやや寄与してると思われます。
(夜にギネスとカールスバーグを一杯ずつ飲んでしまいましたが。)
[PR]
by hikuny | 2005-06-26 18:05 | スポーツ

6/24(金) 通信

●逆単身生活をしていて、かなり頻繁に受ける質問は、
「奥さんとはどうやって連絡取っているの?」といって間違いありません。
僕も同じ境遇の人(あまり見かけませんが)と話す機会があったら
同じ質問をすると思います。

通信手段は、電話です。
たいがいにおいて、どちらかが携帯、どちらかが固定電話です。
もちろん固定to固定、携帯to携帯の場合もありますが、
それは稀です。
もちろん、メッセンジャーやSkypeなどで固定to固定(=PCtoPC)
が一番経済的なのですが、それは(たぶん)時差のせいでやってません。

これはつまりメールもほとんどやってません。
(日本のメール文化は、携帯⇔携帯ではじめて成り立つ習慣なのですよ)

こちらから固定⇒携帯でかけるときは、
ヤフーのBBフォンです。
1分いくらだっけな。2.5円?
間違いないのは、日本の携帯にかけるよりもうんと安いこと。
(前にSkypeも検討したが、まだ出たばかりだったせいかわからないけど、
アメリカの携帯にかける意味では料金に大差ないしユーロ建てだったので
断念)

この世にIP電話がなかったら、
僕が皆さんと飲みに行ける回数が月1,2回は減っていたことでしょう。
(「マクドナルドの競争相手はロッテリアではなくて携帯電話だ。
だって学生達は通話料を支払うのに一生懸命でしょ?」というどこかで聞いた話を思い出す)

なので、「電話代大変でしょう」と心配してくださる方はいらっしゃいますが、
あまり気にするほどのお金は取られてないです。

奥さんは、ホームシックには悲しいくらいに無縁でNYライフを満喫してます。
「ハッピーニューヨーク」を読めば瞭然ですが、毎晩と言っていいくらい飲み。。
なので、通話時間帯は、「忙しい時間帯」を避けた奥さんの通勤時間。
マンハッタンを「徒歩で」通勤してる妻との電話が主な通信手段です。

「そろそろ暑くなってきたなあ。クーラーつけようか、どうしようか。。」
みたいなしょうもないことを僕が言うと、
「こっちも結構暑いよ」
と励ましのようなものをもらい、僕はエアコンのリモコンを手にするのです。


(追記)料金についてのんきなことを言ってましたが、こんなニュースが。
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/05/16/7603.html
サラリーマン狙いの増税といい、何かと強奪の対象となるポジションにいるようです、私。
[PR]
by hikuny | 2005-06-26 17:35 | 日常

6/22(水) さくら

●暑くなってきましたね。

食料というか飲料を求めに駅前のSEIYUのエスカレーターを下りると、
おねえさんが「さくらんぼいかがですかーー?」と山形のさくらんぼの試食を
オファーしてた。
全部まっかっかで大きくておまけに高いシロモノではなくて、
こぶりでやや控えめな赤みで、大きさもやはり控えめな、
あの1パック500円もしないやつです。

しばらくの間忘れていましたが、
僕はこのさくらんぼが大好きです。
甘さといい、大きさといい、色合いといい、微笑ましくなるほど控えめで、
これを一口で食べない人はいないだろうと思うほど、
一瞬にしてタネとヘタだけに変わり果てる、はかなくも凛としたこのさくらんぼ。
a0005551_17162189.jpg


子供のころは「最後の楽しみ」として、
クリームソーダのグラスの奥底に隠れていた缶詰さくらんぼが、
実は本来のはかない甘酸っぱさを骨抜きにされた悲しむべき存在だと
気づいたのは高校生ぐらいだったかなあ。

年を追うごとに色数を増すインクタンクよりも
さくらんぼの方がよっぽど世の中のためになっているのだろうなあ、
と今さら感心してしまった。

おねえさんの試食のオファーはそれはそれでうれしかったが、
僕はおねえさんをスルーし、1パックをかごに放り込みました。
今さら「試し食い」なんて失礼ではないですか。
[PR]
by hikuny | 2005-06-26 17:11 | 食事
●なんちゃってフランス語検定3級受験。
自己採点では合格のはずだが、いかに。。

●実は、今日で結婚式から丁度一年。
妻はアメリカに行っちゃいましたが。。

奥さんの両親に東京プリンスでごちそういただきました。
ネクタイももらっちゃった。

今となればあの脱水症状寸前の結婚式も懐かしいもんです。
[PR]
by hikuny | 2005-06-20 21:35 | 日常

6/18(土) 傭兵

●会社の最下層実業団の助っ人に懲りずに行ってきました。
相手は、K崎市市役所。

まったく不得手なシングル要員としてです。
前回は金曜のオール明けで臨み、
5ゲーム目にガス欠し、シコり殺されるというこの世の恥を
さらしてしまった手前、今回はきっちり睡眠をとってのベストコンディション(?)
で臨みました。

が、ダブル2本、シングル3本の団体戦で、
「大将」みたいな感じで僕の出番は最後なのだが、
2面進行で、3ゲームしかしてないうちにとなりのシングルを落とし、
ダブルの2本と合わせて3本取られて勝負あり、ということで
勝負打ち切り!試合終了。。。

ガス欠するかどうかは4ゲーム目以降からが試金石だったので、
がんばって健康体で出ただけに残念。


ところで、
「えり付きのシャツを着用してない(オレじゃないよ)のは、大会規定違反では?」
と対戦相手からクレームが。さすがお役所のみなさま。
なつかしいね、こういう争い。。

ちなみに
「えりなしでもテニスショップでテニスウェアとして売っているものであれば可」
という大会規定らしく、事なきを得ました。
結構意外。。
[PR]
by hikuny | 2005-06-20 20:47 | スポーツ
●メキシコの国歌って、闘争心をかきたてるアグレッシブな歌ですね。

っていうのはどうでもよくて、
ビデオに録って、コンフェデを見ました。

柳沢のゴール、よかったね。
日本代表、昔に比べると、美しいゴールが増えた気がする。
決定力がついた、とは到底言えないが、美しくなった。
これは見る側にとって大事。

チームとしてのオーラというか強さはまだまだだけど、
このコンフェデで一回り大きくなってほしいですね。


ちなみに、柳沢のゴールの約10分後、
妻より「日本負けちゃったねー」の電話が。
・・・やはりサッカーを録画では見るのはリスクが大きすぎますね。。
[PR]
by hikuny | 2005-06-17 15:20 | スポーツ
●僕が小学生の時、東京ドームでダイナマイトパンチをかっとばしてた
マイク・タイソン氏。38歳。
アイリッシュの無名にTKOされ、引退を表明しましたね。

「もう野獣にはなれない。
僕には友達もたくさんいるし、たくさんやりたいこともあるんだ。
もうこれで最後だと思う。」

とインタビューで語ってました。

タイソンの人間宣言をTVで見て、
ちょっと感慨深くなっちゃいました。

NYのスラムから史上最年少で前人未到の世界ヘビー級統一。
時代は80年代後半、日本はバブル絶頂、アメリカはショウビズをドル箱化する
ノウハウをどんどん進化させている時、
スポーツではタイソン、音楽ではマイケル・ジャクソンが
TV媒体の寵児だったわけです。
(タイソンの1Rノックアウト、マイケルの「スリラー」のプロモは
あの時代、誰もが見たことあるでしょ??)
アイルトン・セナと合わせて、世界のスケールの大きさを
なんとなく小学生心に圧倒され、興奮してた気がする。
シンプルに「すげー」と。
とんねるずがそれらをパロディやデフォルメして
見事に当時の小学生の心をつかんでたよね。
イチローや中田もそのころ小学生。
誰もセリエAやメジャーで日本人が活躍するなんて
思ってなかった頃だよな。

僕もいつの間にか大人になり、そういったものの消費にも慣れ、
なるべく賢く選別消費しようと試みてる中、
彼のダイナマイトパンチは虚しく空を切っていたわけです。

人間タイソン氏、これから何をするかわかりませんが、
どうかK1のリングにだけは上がらないようにしていただきたいな。
これをチャンスと熱烈ラブコールを続けるK1のプロデューサー、
やめてください。。
[PR]
by hikuny | 2005-06-17 15:08 | スポーツ

6/11(土) 発汗作用

●会社関係のお葬式のお手伝いに行ってきました。

かなりムシムシする気候の中、喪服を着こんで、
看板持って駅前に立ってた。

何もしてないのに汗がだらだら。
そうか、今は6月。
去年の今頃、母校において
同じように異常な気持ち悪い発汗をしていた記憶が。。

背広は嫌いだ。


と思いつつ、JR東戸塚駅の土曜日の午前中をぼけー、っと観察。

改札なので、待ち合わせをしてる人が多し。

・どうやら9時集合の婦人達。どうやら一人遅れてるらしく、いらだちの表情。
およそ20分遅れて「ごめーーん」と登場したが、最初誰も反応せず。
仲良くしましょう。
・どっかの中学のサッカー部。これは恐らく10時集合。試合にでも行くんでしょう。
9時半くらいから来てる後輩達が、先輩が現れるごとに「おはようございまーーす!!」
ってこれまた大声で。
迎えられた先輩はクールに「おっす」と返すが、どう見てもどっちもハナタレ中坊。
うるさいドングリ達だったが、なかなか微笑ましかった。
・どうやら無線オタクの3人組。
この人達に至っては、何時集合なのか、誰かを待っているのか、
全然わからんかった。「なんで***してんだよう!」が口癖のようで、
「なんでコーヒー飲んでんだよう!」「なんで長袖なんだよう!」
「なんで座ってんだよう!」とうるさかった。
かといって、それ以外をトランシーバーで話してんのも不気味なもんです。

会葬参列者にいたっては、駅の改札のレベルでは見せる表情もさまざま。
夫婦ゲンカしてたり、神妙な表情だったり、走ってたり、疲れてたり。

と、観察に明け暮れているうちに任務終了。
腰が痛かった。
[PR]
by hikuny | 2005-06-13 00:17 | 日常
●この競技は、その昔、屋上でOLとサラリーマンが熱中し、
W杯とジャニーズがタイアップし、
テニスと違いサービスをキープするのが難しく、
テニスと違い、全球ボレーしなきゃいけません。

職場対抗バレーボール大会。

出場してしまいました。

もともと人数合わせの助っ人として行ったわけだが、
高校時代のバレー部が存在感あったおかげで、
体育でやったときに随分シリアスにやった記憶が腕に残っており、
ノーミスで無難に役目終了となりました。

審判つきの9人制。
バドミントンとバレーはインフラ整ってると面白いね。

全く関係ないが、
テニスの「ボレー」も「バレー」も語源は同じ「Volley」なのだが、
なぜか日本語では使い分けがされている。
「サーブ&バレー」とは言わないもんなあ。

私の個人的な見解では、
テニスはイギリスから来て、バレーはアメリカから来たからだ!
と思うのですが、いかがでしょうか。。


P.S. ちなみに表題の答えは、「排球」だそうな。ネーミングセンスねえな。
[PR]
by hikuny | 2005-06-12 23:59 | スポーツ